医療・介護の新モデル「介護医療院」

介護医療院の求人探しにおすすめの方法3選

【おすすめ記事】 スキルアップにつながる職場として大人気

介護職の求人を探す方法は3つ

求人を探す方法はいろいろありますが、介護職の場合は「人材紹介サービス」「ハローワーク」「求人媒体」の3つがおすすめです。それぞれにメリット・デメリットがあるため、希望する条件にあう求人を効率よく見つけたいなら自分に合った方法を選ぶことが大切です。

【人材紹介サービス(転職エージェント)】

求職者の代わりに求人を探したり、面接の日時を調整したり、条件の交渉を代行したりする人材紹介サービス(転職エージェント)は転職方法の主流ともいえるほど多くの人が利用しています。求職者1人ひとりに担当者がついてサポートしてくれるため、仕事を続けながら転職活動を進めることも可能です。
転職エージェントでは、転職事情や介護業界の動向に精通している、いわば転職のプロが求職者と雇用主の間に入ってマッチングしていきます。第三者の視点で客観的に判断するため、マッチング率も高くミスマッチの可能性を極限まで抑えられます。転職エージェント独自の求人や登録した人にしか紹介されない非公開求人など、一般では知り得ない求人も多く扱っています。
求職者に対するサポートも手厚いため、転職が初めての人も安心して任せられます。

キャリアの提案から、一人では難しい条件交渉や、就職後のお悩み相談など、人生のトータルサポートを目指したサービスを提供します。

引用元:きらケア

きらケアへ行く

転職エージェントはそれぞれ特色が異なり、得意とする分野も違います。中には地域を限定している転職エージェントもあるため、住んでいる地域の求人を扱っているかどうかを確認してから登録するようにしましょう。

【ハローワーク】

求人探しの方法として多くの人が思いつくのがハローワークではないでしょうか。ハローワークは国が雇用促進のために全国に設置している就職支援サービスです。職業相談や職業紹介だけではなく、雇用保険の手続きなども行っています。ハローワークを利用するメリットは、地域の求人が多いということです。絶対数が多いため選択の幅が広く、希望の条件にあう求人が探しやすいのが特徴です。

求職者を求めている多くの地元企業の求人案件が集まっており、地元での転職先を探すには適した場所でもあるのです。

引用元:Smartlog

Smartlogへ行く

ただし、民間の人材紹介サービス(転職エージェント)に比べてサポートは手厚くありません。また、大量の求人を扱ってはいますが、すべて優良であるとは限らず、ブラックだと思われる求人も紛れています。少しでも条件のいい求人を探そうと求人票の更新日には多くの人がハローワークに殺到しています。

厚生労働省へ行く

【求人媒体】

求人媒体とはいわゆるフリーペーパーや求人情報誌、ネットで公開されている求人サイトなどのことです。それらの媒体に掲載された求人の中から、希望の条件にあう求人を自力で探していくわけですが、この「自力で探して応募する」という点が求人媒体の大きな特徴です。求人媒体のメリットは時間や場所を問わず、自分のペースで探せることです。

サイト上にて、施設名や、条件等全ての情報がご確認いただけます。好きな時間に自分の気の向くまま、あれこれ探してみてください。

引用元:介護21

介護21へ行く

おすすめ記事

面接でチェックされているのは? 面接でチェックされているのは?

介護医療院のことなら

2018年に新設された「介護医療院」について詳しく記載しているサイトです。医療ニーズが高い要介護者も安心して生活できる施設です。本ウェブサイトに関するお問い合わせは【こちらから】お願いいたします。

Twitter

医療的なケアもできる施設で働きたい人へ

求人の探し方