医療・介護の新モデル「介護医療院」

介護医療院への転職を成功させるコツ「施設見学で注意すべき点」

【おすすめ記事】 履歴書の書き方

職場の雰囲気は施設見学で確認

職場の雰囲気は施設見学で確認

事前に施設見学ができる

自分にあった職場で働きたいと思うのは当然のことです。しかし、求人票やホームページにすべての情報が掲載されているわけではありません。実際に働いてみなければ分からないこともたくさんあるため、「入職してから失敗した」と後悔するケースも少なくないのです。後悔しないためには事前に多くの情報を集めることがポイントです。介護業界の場合は応募する前に施設を見学して、職場の雰囲気や働いている職員の様子を実際に見て確かめられるため、そういったミスマッチも防ぐことができます。

介護の質も確認しよう

施設によって経営方針や理念は異なります。経営方針や理念は現場で働いている職員のやり方にも直結するため、事前に「働くかもしれない」職場の介護の質を確かめることができれば、自分のレベルにあっているかどうかが見極められます。
また、施設で働いている職員の数と入所者の数を見比べたり、職員の動きを確認したりもできるため、どのような職場環境で働いているのかもイメージできます。入所者の数に対して職員の数が少なければハードワークである可能性が高いです。

忘れずに見ておきたいポイント

必ずチェックしておきたいのは働いている職員の態度や表情です。新しくきれいな施設でも職員の服装が乱れたり、言葉遣いが悪かったり、暗い表情で働いるため、見学の予約を取ったときの対応や案内してくれる人の接し方なども確認しましょう。一番分かりやすいのは見学中に他の職員とすれ違ったときの態度です。「相手がどのような態度で挨拶してくれるのか」を笑顔で挨拶しながら注意深く観察しましょう。
職員の態度だけではなく入所者やその家族に対する接し方も注意しておきたいポイントです。職員同士の仲がよくても、入所者やその家族に横柄な態度で接しているなら注意しなければなりません。「敬いたいと思える先輩かどうか」「一緒に働きたいと思えるか」を基準にして入職後の姿をイメージすると、自分にあっているかどうかを判断できます。
介護医療院は新設されたばかりの施設なので設備や外観が新しくきれいなところも少なくありません。しかし、チェックしたいのは外観ではなく施設内の衛生面です。「エントランスや食堂、トイレなど多くの人が利用する場所に清掃が行き届いているか」「共有スペースが整理整頓されているか」を確認しましょう。清掃が行き届いていない場合は人手不足で職員の手が回っていない可能性があります。
上記で紹介した以外にもチェックしておきたいポイントはまだまだあります。どのような点を重視すればいいのかまとめた「介護施設の職場見学をする時に確認するポイント」を参考にしながら、細かくチェックしていきましょう。

カイゴカンゴへ行く

おすすめ記事

面接でチェックされているのは? 面接でチェックされているのは?

介護医療院のことなら

2018年に新設された「介護医療院」について詳しく記載しているサイトです。医療ニーズが高い要介護者も安心して生活できる施設です。本ウェブサイトに関するお問い合わせは【こちらから】お願いいたします。

Twitter

医療的なケアもできる施設で働きたい人へ

求人の探し方