医療・介護の新モデル「介護医療院」

介護医療院への転職を成功させるコツ「面接は身だしなみに注意」

【おすすめ記事】 老健との違い

面接でチェックされているのは?

面接でチェックされているのは?

面接が苦手な人も多い

面接に苦手意識を持っている求職者も多いのですが、それは準備が不足しているからです。「どのような質問をされるのか」「好印象を与えるにはどう答えればいいのか」をしっかり準備していれば怖がる必要はありません。採用担当者は「どういう人なのかもっとよく知りたい」という気持ちで質問しています。偽らず、素直に自分の気持ちを伝えましょう。

前の職場の批判はしない

面接では必ず転職理由が聞かれますが、絶対に前の職場を悪くいってはいけません。介護業界は地域に密着していることもあり、事業者間の横のつながりが深いのが特徴です。言葉を選んで伝えるようにしましょう。前の職場に不満があったから退職したとしても、前向きな理由にいいかえて伝えましょう。例えば、仕事内容に不満があるというマイナスな気持ちも「スキルアップやキャリアアップのために」とプラスに変えると印象がよくなります。
介護業界はスキルよりも人間性を重視するため、面接の成否が採用に大きくつながっています。面接は「どれだけいい印象を残せるか」がポイントです。

身だしなみも重要

介護職は人と接する仕事です。当然、身だしなみもチェックされます。清潔感のある服装や髪型を心がけましょう。下記のサイトでは好印象を与える服装について記載しています。参考にしてみてください。

介護の123へ行く

明るい笑顔でハキハキと

明るい笑顔でハキハキと話す人と目もあわせず暗い表情でいる人、どちらが好印象を与えるでしょうか。明るい笑顔で挨拶されると気持ちが明るくなるため、よい印象を受けます。入室するときは「よろしくお願いします」、退室するときは「ありがとうございました」と笑顔でしっかり挨拶しましょう。また、面接だけではなく施設内で他の職員とすれ違ったときも笑顔で挨拶しましょう。

結論から話す

限られた時間内で質問されたことに答えなければなりません。アピールしたい気持ちは分かりますが、長く話していても何を伝えたいのか分からなければ意味がありません。結論から話すと相手に伝わりやすくなります。結論を先に話し、それから理由を説明しましょう。

「謙虚」の気持ちを忘れずに

どれだけスキルやキャリアがあっても職場が変われば新人としてスタートすることになります。介護医療院ではさまざまな職種の人たちが連携しているため、チームワークが重要です。新人なのに自信満々な態度でいては「傲慢な人」というイメージを与えてしまうかもしれません。協調性がとれない人物だと思われると不採用になってしまうため、謙虚さを伝えることも大切です。

事前に練習しておく

面接は独特の雰囲気の中行われるため、緊張してしまう人もいます。緊張してしまうとこれまで準備してきた答えがスムーズに出てこなくなる可能性があります。どのような状況でもスムーズに答えられるように練習しておきましょう。

おすすめ記事

面接でチェックされているのは? 面接でチェックされているのは?

介護医療院のことなら

2018年に新設された「介護医療院」について詳しく記載しているサイトです。医療ニーズが高い要介護者も安心して生活できる施設です。本ウェブサイトに関するお問い合わせは【こちらから】お願いいたします。

Twitter

医療的なケアもできる施設で働きたい人へ

求人の探し方